性病の疑いをもったら早期に治療を

性病の多くは、初期の段階では自覚症状が少ないとされています。
しかし医療機関で性病だと診断されてから思えば、性病だと疑いを持つ症状があったというのは、思いのほか聞く話です。

例えばクラミジアですと、女性ならおりものが増えたり下腹部痛が起こり、男性なら排尿時に尿道に軽い痛みを感じる場合があります。
淋病は女性だと症状が軽いので気付かないことがありますが、男性なら感染して1~2日で痛みを感じ尿道口が腫れたり膿が出たりする場合があるので、男性側にこのような症状が出たら女性も一緒に診察をしてもらうと良いでしょう。
トリコモナスは女性なら泡状の臭いのきついおりものが増え、外陰部や膣に強い痒みが生じますが、男性は自覚症状がほとんどないとされています。
こちらは女性に症状が出たら、男性も一緒に診察をしてもらうと良いでしょう。

他にも性病は多くありますが、多くの場合は性器周辺に何かしらの違和感を感じます。
女性、男性で症状が出やすい出にくいがありますので、どちらか一方に症状が出た場合は2人で診察をしてもらうと治療も同時期に行えて良いでしょう。
性病は早期に診察すれば治療も早く終わる場合もあるので、違和感を感じたら早期に診察をしてもらうことが重要です。
また性病の中には、そのまま放置していると、女性なら不妊症や子宮外妊娠等の可能性、男性なら前立腺炎や副睾丸炎の可能性があるので、先々のことを考えても早期の治療は、自分の為とも言えます。

自覚症状が少ないとされる性病ですが、そのまま放置すると激しい痛みや痒みを伴うことがあるので、いつもの自分の身体の調子と違う部分があるかどうかを自覚して確認することは大切です。
また性病は自分だけでなく、パートナーにうつしてしまう可能性があるので、相手の為にも気を付けましょう。